阿智村被告裁判判決文の公開!!!

未分類

阿智村を被告とする裁判は、『土地明渡請求事件土地1~3』・『土地明渡請求事件土地4』・『地位確認請求事件』は、この三つで有りますが、そのうちの土地明渡請求事件土地4につきましては私の勝訴となりました。一つ勝てば充分なのは、この一つにおいて、阿智村が国において処分されると決まったことによります。当然として国に直接告発いたしますが、それまでに十分な時間が無いために、このコーナーにおいて、なぜ勝ったのか、どうして二つの裁判は負けたのかについて、詳しく説明してまいります。まずは、土地明渡請求事件の判決文から公開いたします。土地明渡請求等事件判決文   クリックしてご覧ください。令和6年4月17日

 勝った裁判
土地4は、
田んぼであります。その田の周辺(約半分)の幅1,2mから2mくらいが村道に無断で占用されていたことに、裁判官は「無断占用です」阿智村は原告に占用した土地の一部を明け渡せ、とが判決です。ただし、損害金の算出については長野県のコシヒカリ標準単価ではなく、全体収穫量をもとにして算出すべきとありました。損害金はわずかな金額ですので、ここは請求いたしません。阿智村はこの判決を受けましたので、早急に明渡に入らなくてはなりませんが、まだ一向にその気配はありません。共産党の村長と共産党の議会ですので、何を考えているのか分かりませんが、一定の間に話(明渡内容)が無ければ、裁判所へ強制執行を求めますので、国が阿智村に代わって明渡等が行われることになりますが、その場合、相手は阿智村と言う行政でありますので、即時潰されることになります。まさか、ここまでの馬鹿とは思えませんが、共産党のやることは全く持って分かりませんので、大いに考えられるのではないでしょうか。しかし、今この様なこと(強制執行)が執られますと、私は同時に飯田市行政犯罪の証拠を国に出さなければならなくなりますので、この勝訴した裁判の経過において、飯田下伊那の危機が迫っていることは確かであります。ですから、4月19日の金曜日に阿智村役場に出向き、櫻井農林建設課長に面談を求めましたが、課長会議で席を外していますとのことで、市村係長に話そうとしましたが、「まだ役場に来ておりません」と、あからさまな嘘を言われ、やむなく総務課の係長を呼びつけ、「今度の日曜(今日)から通行止めにすると建設課長に伝えておけ」としました。ですので、明渡が完了するまで、片側通行になることです。こうもしなければ、目が覚めないでしょうからね。令和6年4月21日

 去らない危機
村道拡幅工事が無断で行われたことに、岡庭一雄村長と熊谷操議員の補助金搾取犯罪が控えております。どのような犯罪かと言いますと、熊谷和美の離れ取壊し費用100万円を阿智村が補助金として支出したのです。これだけのことですが、大変な犯罪であることに、この補助金を支出するのが目的で私の土地が無断占用されたのですから、大変でしょう。無断占用も阿智村存続にかかる犯罪ですが、この補助金搾取も阿智村存続にかかる犯罪ですので、この裁判いおいて、すでに二つの行政犯罪が確定しております。では、この裁判でまだ他にも行政にかかる犯罪は有るのでしょうか? ありますねえ、まあ間接的でありますが、もう一つ二つ、行政犯罪が有ると思いますよ。さっそくに、何が始まりますかと言えば、無断占用された土地の返還がされるに、その経過として現在の擁壁等が撤去され、実際の道路境に新たな擁壁等が設置されることになりますが、その工事において、井水の回復工事も同時に行われることになります。なにしろ、現状の井水は消えてなくなっているからですが、その辺りを明確にした図面が有りますので、ここに公開いたします。不法占拠された土地   クリックしてご覧ください。
「熊谷和美不法占拠部分」と有りますのが、私の土地を不法に占拠しているとなりますが、「水」と有りますのが井水であります。この井水も熊谷和美が不法に占拠しております。令和6年4月24日

 農地法第5条違反
熊谷和美の父親敏一氏に、私の父が農地として貸しているのは、敏一氏の奥さんが、この貸した部分で野菜をつくりたいとの話があったからです。快く父は貸しましたが、また敏一氏も、30年分の賃貸借料だとして60万円を一度に支払ってくれました。まあ、30年と言えば、生きている間と言うことになりますね。しかし、敏一氏が亡くなると、和美はこの土地を宅地として使用するようになり、井水もまた使えなくなったのです。さすがは操の甥ですね。正直呆れてものが言えませんが、和美も共産党だと言えば、世間の皆さんも納得されると思います。何でもありの共産党は、つくずく何でもできるのだと思い知らされますが、ここにもう一つ呆れる話が存在しました。それは、どうも農業委員会の委員長もまた共産党のようで、この無断占用を告発しても、一切お構いなしで今日まで来ておりますね。農地転用せずして宅地として、そこにも別棟の倉庫兼車庫を建てておりますが、阿智村はすでに無法地帯となっているようです。そう言えば、「農地で貸した私の土地が宅地造成されています。井水が使えなくて困っています」と、阿智村農業委員会に告発したのは一昨年、そこでいきなりな電話が入っていますが、いったい誰からだと思いますか?
こいつも共産党

「熊谷和美さんが今うちに来ているんですが、和美さんの家の東側の土地、田んぼかな、熊谷さんのお父さんから買っていますが、そこを農地転用したいので印鑑をもらえないか?」…はあ?  …「木下司法書士ですがお世話になります」といきなり電話が入るに、それこそ話の内容もいきなりであった。木下伸二司法書士の事務所は伊賀良大瀬木北原商会(自動車)の前にあるが、自宅もまた伊賀良北方にある。事務所も住宅も章設計でお世話になったのは、木下伸二の奥さんが原武平さんの娘であったことで、原武平さんが収入役であった頃に紹介されてのことである。そして武平さんが無くなってしばらく後に、それこそ本谷園原財産区の存在を確認するに、熊谷泰人は下平秀弘弁護士を訪ねた。令和6年4月1日27日

 弁護士と司法書士の関係性
「本谷園原財産区保護誓約書? 法務局関係なら木下伸二司法書士を紹介します」と、下平秀弘弁護士は時雄に言った。そして時雄は捏造した保護誓約書を木下伸二司法書士につくらせていた。木下伸二司法書士は、たしかに保護誓約書をつくったのかと言えば、それは確かな事ではない。法務に関係ない書面をつくるほど馬鹿ではないと思うが、時雄の話を聞いたことは確かだと思う。そしてある程度の指導はしたかもしれないと感じるのは、実際つくられて保護誓約書が存在しており、いまでも本谷園原財産区はその保護誓約書に沿っているようだ。こんなことはどうでもよいが、私が気にするのは下平秀弘弁護士が木下伸二司法書士を紹介したことにある。ここに、共産党を感じないわけにはいかないからだ。そしてその木下司法書士から敏一さんに貸している土地の登記を移してほしいとの電話が入るに、和美もまた共産党であることで、木下司法書士も共産党であったのかと、確信したのである。電話での話し方が横柄であることに、もはや敵に対しての態度であると感じ取った。売ったわけではない、貸しただけだと言っても、売ったのであれば敏一さんの名義になっているはずですよと言っても、取り付く島もなく、「あっそう、話にならん」と言って電話が切られた。全くに常識が有ると思えない司法書士であるが、それだけ和美が追い込まれていると感じていた。
 強制執行
判決日は3月27日であるが、阿智村からは何の音さたもない。だからっして、文書を送り付けた。まずはその文書をご覧いただきたい。土地明渡について   クリックしてご覧ください。
『計画書を策定せよ』:現状復旧を要求するに、どのように復旧するかの計画書を提出せよと、当たり前の請求を行うに、それは判決後一月が過ぎるに、なんの報せもないからである。南信州新聞の誤報記事をまともに受け、阿智村は控訴したものと考えている住民が多く居ると思うが、阿智村は控訴などしていないし、控訴期間などとっくに過ぎている。令和6年4月30日

 5月27日まで
『復旧工事期間の補償』:復旧工事期間の補償をするのは当然の請求であるが、そこに迷惑料を請求するのは、この不法占拠が行われるに、補助金の不正支給が元にあっのことだ。何が目的で無断占用したのか!?そこが解明されなければ、私の裁判は終わらない。しかし、答えはすでに見えていることで、あとは時間の問題なのであるが、その答えを出せば、それだけでも阿智村はつぶされるとなる。それほどに恐ろしい答えであるに、その答えを熊谷秀樹村長も議員らも皆さん全員知っているのに、いまだ何の手立ても行われないのは、もはや責任逃れに皆さんは知っていることのようだ。ここまで来てもこのお粗末さは、まさに共産党の村であるからしての醜態だが、ここでの一番の被害者は村民よりも役場職員の方が大きくある。不正を指示されて、不正隠蔽を指示されて、そして不正が表に出れば職員のせいになる。これではたまったものではないと思っていない不幸がどこにあるのかは、やはり役場職員にも共産党が多く居るからである。最近のこと、二度三度と役場に出向くに、そこでの窓口職員んと話をすれば、阿智村が潰されるとの感触は伝わっているようだ。しかし、潰されての結果が同になるのかに気づいていない。そこで、詳しく話をすれば、あまり深刻にとらえられない感触であった。「阿智村が潰されることは知っているか?」、「ええ、あっはい。そうですか?」、「潰された場合にみなさん職員はどうなるか分かりますか?」、「えっ?」、「岡庭一雄が村長になってからの課長以上の職員は懲戒処分が下され、退職金は没収されるよ。」、「はあ、そうですか」ここまでは自分に関係ないと思う平職員らであるが、阿智村が潰されれば、村民は阿智村の借金を国に返さなければならない。その場合、村民一人当たり150万円から200万円となるぞと言えば、私は飯田市ですよと笑顔で話す。まあ、飯田市であっても村民は職員にその責任の所在を求めることになるぞと言えば、それは困りますねえと、たいして困った顔をしない。これが阿智村職員の実態であるが、次の一言で様子が変わった。令和6年5月3日

 資格停止
阿智村が行政犯罪で国においてつぶされ、お前ら職員が何事もなく済まされることがあると思うか? たしかに、阿智村が潰されれば村長や議員らが一番重い罪になるに、だからとして職員が無傷であるはずはない。国税局の管理官は「課長以上の職員は懲戒処分」だと言ったが、それは退職金が没収されることだが、場合において刑事処分もないとは言えないのは、村長は刑務所行が間違いないからだ。国の行政機関を壊したのだから、よその国では国家反逆罪で死刑でああるに、如何に日本としても一番重い罪となるは当然ではないか。だからして管理官は「例がない犯罪だが、どこがやるのかが分からない」と、検察庁や公安を匂わせていた。それ程の事件であるに、平職員だけはお咎めなしは考えられないことで、退職金の没収は無いとしても公務員資格ははく奪されるだろう。どうする? 阿智村が潰されると同時に無職になるが、それも当然だと村民は見るのではないか。もしかしたら、村民は村長や議員だけでなく職員も許さないだろうし、職員もそれに耐えられることは無い。どうする!?ほら、どうしようもないだろう。岡庭一雄や熊谷秀樹の言うことを聞いてきた付けだとあきらめるがよい。それこそ天罰だと、自分が招いたつけだと納得することだ。私の同級生も良く口にしていたことに、「首長の指示は絶対である」とか、「家族のことを考えれば告発などできない」とか言っていたが、それは全くに逆なことで、岡庭一雄村長や熊谷秀樹村長の指示に迷うことなく従った結果であることだ。今更に後悔も出来ないと知った方がよい。それに、これ以上熊谷秀樹村長の指示に従えば、公務員資格だけでなく、退職金も終わりであって、そして刑務所に行く道も確かなことだと伝えておく。これ以上、馬鹿なことはしないことだ。村長が絶対ではないことに、何かが有ればすべて職員のせいにしたではないか。岡庭一雄村長と熊谷秀樹村長の汚さを振り返ってみろ。この二人の村長が、一度でも責任を取ったことがあるか? 信頼できない! 尊敬に値しない! そのような上司や社長であれば、自ら三下り半をくだすが世の常であって、それが出来ない奴は同じムジナで同じ運命をたどる結果となる。熊谷秀樹村長とともに地獄に落ちるのか、それともここで立ち止まり、村長を否定するか、その選択は刻一刻と迫っている。令和6年5月6日

 突きつけろ!
三下り半は突きつけるものだ。それしか阿智村職員の助かる道はない。自分のことを考えろ! 妻や子供のことを考えろ。何が起きているのかは知っているはずだ。阿智村が潰されることは間違いのない事実だ。阿智村が潰されれば無職となるは当然であるに、たしかに課長以上の職員は岡庭一雄村長時に遡って退職金の没収であるが、だからと言って平職員にお咎めが無いなどあり得ない。軽くても公務員資格は取り消されることだ。それに、潰された村の職員を拾い上げる自治体などどこにもない。常識でないことが起きているに、常識内で収まる話でもない。だからして、まず自分を守ることを考えろ! 何が必要かではない。何をすれば自分は助かるのかと、それを頭に入れることだ。俺は悪くないなどと言っても意味は無い。岡庭一雄や熊谷秀樹村長のせいだと言っても何の助けにもならない。自分の身を守るには自分の事だけを考えることだ。誰も助けてくれないが、助かる方法は必ずある。どうすれば助かるのかと、よく考えてみることだ。待っていてもダメ、誰かに相談してもダメ、駄目と言うより誰も答えを持っていない。だが、身を捨てて考えれば、必ずその先は見えてくる。自分を守るには、まずは身を捨てることにある。今が最悪なのだと言い聞かせることだ。これから起こることは法律で解決できることではない。罪を償えば済むと言う話でもない。自分の人生が終わってしまうと、そこまで深刻に考えることなのだ。
勇気を持て

死んだほうが楽だと私は考えたことが有る。死は怖い、そんな私が死を選択するに、それほどの苦しさは辛さや悲しみなど何ともないと考えさせられた。何のためにやるのか!?誰のためにやるのか!? そのように悩んだことは一度もないが、死んだほうが楽だと考えた。だが、私は何も考えずに前に進んだ。それは今までもそうであったかのように感じられた。私は自分のためにと考えたことは一度もない。そして、勇気の一つも持ち合わせていなかった。だが、私は前に進んだ。それが私が死を選択しなかった理由であるがごとき。なにがそうさせたのかは分からないが、確かなことは、今なすべきことがハッキリ見えていることだ。令和6年5月9日

 阿智村は救えない
そう、阿智村はもはや終わりである。そしてそれは阿智村民が選択したことでもある。もはや私のやるべきことは、被害者を少なくすること、この一つしかない。
 負けた裁判
土地明渡裁判の一つ、土地1~3の土地については敗訴した。そこですぐにでも控訴したのは、敗訴の原因がはっきりしたからである。なぜ土地1~3は敗訴となったのかである。それは至極簡単な話し、捏造された契約書が本物と判断されたことによる。「えッ!?」との驚きだが、これは想定内のことでもあった。それは、「この契約書には拘束されておりません」と原告弁護士が指摘したのは提訴前の通知書において熊谷秀樹村長から提出された売買契約書を否定したが、しつこくもその契約書を証拠として下平弁護士は反論してきた。その反論が「背信的悪意者」なのである。ここを原告弁護士は甘く見た。背信的悪意者など最高裁判所での凡例であって、法律的判決ではないと、そこには背信的と言える要項が私に存在しないと言っていた。しかし、判決は全くに背信的悪意者だとしたうえで、「安く買って高く売りつけた」を証拠とされていた。22万円で買って2千万円で売りつけた、100倍の値段で売りつけたと言うのである。実際には土地の値段は67万円で買っており、870万円(30m先に隣接している土地の売買価格を参考)の見積書を提出しただけで、それも請求など一度もしていないが、それを売りつけたと裁判官は認定した。そして背信的悪意者だとされたのだが、ならば、捏造された契約書を認めたのはなぜなのか? が、疑問として残った。どうどうめぐりの話になるが、ここを整理すれば割と簡単いケリはつく、ようするに、行政書類に間違いは無いとする司法判断が元にあると言うことである。「30年前に阿智村は本谷園原財産区から土地を買っている。そして30年もの間村道として占用してきた。そのことを原告は知っていたはずだ」と、だからして、知っていて買った値段より高く売りつけたのだから背信的悪意を認めざるを得ないと言うことなのだ。早い話が、この裁判で阿智村が負けたら潰されることになると言うことなのです。それはそうでしょう、行政が契約書を捏造したなどあり得ない話じゃないですか!?でも、この裁判に負けた方が結果的に良かったのは、私に時間稼ぎが出来たからです。ここまで来て時間稼ぎとは首をかしげる話に聞こえますが、この裁判に買ってしまったら、この裁判で阿智村はつぶされてしまうからです。ここは飯田市の裁判と全く同じであって、最高裁判所まで言ったと言うことに、飯田市の敗訴が見えていた。ならば、章設計が飯田市を潰したことになり、市民の反発は章設計に向いてしまう。これと全く同じことで、この裁判に勝ってしまえば、私が阿智村を潰したことになる。飯田市も阿智村も行政犯罪において潰されなければならないのである。令和6年5月12日

 深い話
さて、時間稼ぎが出来たとして、そこで何をするのかと言えば、まずは控訴したことに新たな証拠を準備することにある。その新たな証拠が何になるのかは、捏造契約書を捏造契約書と証明することにあるのだが、そこに大した困難はない。それよりか、控訴して新たな行政犯罪に証拠が確定できるのかと言えば、そこにも大した意味はない。では、なぜ控訴したのかは、このままでは私の土地が阿智村に権利ある土地だと認められることにあり、それはそれで構わぬことでもあるのだが、少々しゃくにさわるからだと言うのが本音である。だが、私が控訴しての効果は他の地権者らにあるのも確かなことで、その最もな効果は、今のままではアーテリー道路に占用されている地主たちの土地もまた、阿智村に権利がある土地となってしまうからである。かわいそうな地主と欲に駆られた地主らに分かれているが、ここを助けなければかわいそうな地主を救うことが出来ない状況なのだ。だからして控訴に及んだのだが、いまだかわいそうな地主も欲に駆られた地主も全くに同じく、何も気づいていない。裁判官は行政が負けない判決を出したのだが、行政が負けなければ村民を救えないのも確かであることに、この裁判に勝てば、少なくとも岡庭一雄の犯罪として立証できることで、犯罪において法律で対処できるとなり、阿智村が潰される行政犯罪が一つ減るのである。
この様に岡庭一雄を筆頭とする共産党の組織犯罪となれば、もしかしたら阿智村を救えるのではないかと、これが私の最後の手段であるのだが、いまだかつて阿智村民の意識は変わらずして、相も変わらず私を気違い扱いしている。そしていまだ他人事との感覚であり、一つの裁判に勝ったとしても、それでも熊谷秀樹村長をあがめているようだ。これほど共産党や共産主義者が多い阿智村では、何を期待しても、どのように村民を救おうとしても、いらぬお節介の関の山なのだ。令和6年5月15日

 給水停止裁判の重要性
他のコーナーで書き出しているが、この裁判については園原簡易水道の権利にその意味があって、それが園原住民に権利あると認められたことで、それ以外に対した意味も無い。だが、園原簡易水道は園原住民に権利あると認められたことは、ここにもまた多くの行政に絡む犯罪が立証できることになった。その立証方法とは、阿智村長に対して請求書を突きつけることにある。どのような請求書なのかは、まずは「水道料全額を返還せよ」である。阿智村がつくった水道設備でなければ水道料を徴収することは出来ない。それを昭和60年から徴収していたことは阿智村の犯罪である。だが、犯罪として訴えるには証拠が必要であって、その証拠が何かといえば「損害賠償請求」であります。ですから、損害賠償請求を行わなければならないのだが、それを行ったにしても熊谷秀樹村長は何も対応しない。そう、裁判が終わっても関係ないとして放置したままなのだ。あきれてしまうが、これが共産党の姿だと思えば妙に納得する。まあ、納得はするがこの想定は出来ていることで、すでに手を打ってあるが、もはやその手は個々個別ではなく、いっぺんにドカンとやることだ。そのドカンが何であるかは、すでに役場職員は皆さん知っているので、少しでも早く知りたい方は職員に聞いてみてください。
さてそこで、水道料金の請求を行うに、昭和48年からの水道料を返還せよとした。? 水道料の徴収は昭和60年からではないのか? と、疑問を持たれるでしょうが、そこは全くに、昭和48年からの請求になります。なぜかと言えば、阿智村は昭和48年から水道料を徴収してきたからです。そしてその水道料の徴収は、昭和60年度どころか今も続いているのです。からくり的には、昭和48年から昭和52年までの水道料金は「園原簡易水道特別会計」に組み込まれており、昭和53年から阿智村水道会計に移されております。そこで問題になるのは、なぜ昭和48年から昭和52年まで園原簡易水道特別会計に組み込まれていたのか? でありますが、この園原簡易水道特別会計とは、園原簡易水道事業のために設置された特別会計であったからです。令和6年5月18日

 園原簡易水道特別会計
阿智村が水道条例を制定したのは昭和39年であります。ですから、阿智村村営水道特別会計は昭和49年から始まったのです。ですが、園原簡易水道は阿智村村営水道特別会計には含まれておりません。なぜ含まれていなかったのかと言えば、園原簡易水道特別会計は敷設工事(事業)の会計であったからです。水道料を徴収するための特別会計ではなく、水道敷設事業のために臨時で設けられた会計であって、ですから、昭和48年からの水道料もその会計に含んでいたのです。それが、水道料を徴収するのであれば、それも公共施設への水道料であれば、村営水道特別会計に入れても良いではないかとの判断で移行されたのであり、それがまた、全村水道化の中で園原簡易水道を村が管理するとしなければならない事情(公共施設からの水道料徴収を水道会計に入れた)において、昭和60年の園原簡易水道全配水管敷設完了に伴って行われたのであります。この様な歴史をたどっての園原簡易水道でありますが、今回の裁判で、村は「阿智村の予算で阿智村が敷設した」との反論において、園原住民から不徳の金員を徴収したと判断されたのです。
 行政犯罪
園原住民から水道料を徴収してきたのは阿智村行政の犯罪であります。また、昭和48年からの公共施設から徴収していた水道料金を園原簡易水道特別会計の収入としてきた昭和52年までは違法ではありませんが、昭和53年に、阿智村村営水道特別会計の収入とされたことは違法となります。その根拠は、園原簡易水道の水源地は園原住民の共有財産山林であることで、これもまた、阿智村には何の権利も無いことになります。従って、昭和52年の監査後に阿智村村営水道特別会計へ移された金員と、昭和53年から現在までの水道料金の全額に、それぞれの年度利息を計算された金額を、阿智村は園原住民に返還しなければなりません。令和6年5月21日

 土地1~3の控訴裁判
私は判決を不服として控訴したことではありません。何が不足なのかと言えば、一審の裁判官は、捏造された売買契約書を証拠として取り上げたからです。どの世の中に、捏造された契約書が通用するのでしょうか? 裁判官とて捏造かどうかは分かることであるに、それが行政文書だからとして証拠に取りあげるは全くに不届き千万である。この様に怒るに、はたしてこの捏造契約書がどのように裁判官が取り上げたのか、そこのところを今一度見直せば、何か釈然としないのは、裁判官も全く同じに考えていたようだ。捏造契約書を本物としたわけではなく、私が高く土地を売りつけたのを認めて背信的悪意者だとされての敗訴である。そこに捏造契約書がどうのこうのは無いが、控訴するについては、背信的悪意者だとの判決を覆すことは出来ない。ならば、何をどうするのかと言えば、根本的なところである「平成7年から阿智村はこれらの土地を占有していた」との根拠を覆すしかないことで、この捏造契約書を捏造だと証明することで初めて控訴が出来るのだ。
 捏造の証拠
誰が見ても捏造契約書だと分かるに、それを捏造だとする証拠は何もない。たしかに本谷園原財産区は存在しないが、だからといって、阿智村が地域振興補助金を本谷園原財産区に毎年支払っていれば、証拠上において本谷園原財産区は存在する。ならば、控訴において新しい証拠など見つかるはずはないが、しかし、この控訴裁判を負けても良しとする私の考えは、この捏造契約書が裁判において阿智村の証拠とされたことに大いに効果があるのだ。それは、阿智村の行政犯罪の証拠として確定するからである。何を言おう、私はその為にこの裁判を始め、そして控訴までして争うのは、本谷園原財産区に地域振興補助金を毎年支払っていることの証拠固めなのだ。この捏造契約書は捏造であっても無くても、この捏造契約書において阿智村は土地代を本谷園原財産区に支払っている。それが証明されるのがこの控訴の目的なのだ。令和6年5月24日

 勝つのはおまけ、でも勝つ
捏造された契約書を捏造だと証明すれば、この控訴は私の勝ちになる。捏造だと証明できないと言いながら捏造だと言える新しい証拠が何になるのか、それをこれから説明しましょう。まずは阿智村の言い分として「アーテリー道路は村道である」であるが、このさい、村道であろうが無かろうが道路であるは変わりなく、阿智村が主張する村道の意味は「アーテリー道路にかかる土地はすべて阿智村の土地だ」と言っていることで、阿智村の土地だから村道だの理屈である。だからして、私の土地も阿智村が所有していたと、その根拠として捏造した契約書を証拠とされている。この反論において裁判官は判決に至ったのだが、この判決には捏造契約書には触れていない。では、アーテリー道路にかかる土地すべてが阿智村の所有になっているのかが最大の焦点となるが、ここに確かな証拠が有ることは、訴える前から、そう、相当に前から不確かな状況に有った。それが「換地」の話である。吉川建設が単独でヘブンスそのはらの経営を始めた時に、その契約書(これも捏造契約書)を見れば二通ある。保証金2千万円のうち、換地費用として地権者組合に400万円差し入れろとの内容であるに、このときに、初めて換地と言う言葉が始まっており、その契約書において、アーテリー道路にかかる一部の地主は換地と称して阿智村に名義を移している。当時、この換地については何も知らされてなく、岡庭一雄村長と熊谷時雄議員が勝手に進めていたが、確かに会議記録が残っており、その時の地権者組合長は佐々木毅文であった。ここで佐々木毅文と言う名前を憶えていただきたいのは、後ほどに重要な場面で登場するからである。換地の言葉に踊らされたのはアーテリー道路にかかる土地を阿智村の名義に移した地主達であって、いまやそれらの土地は完全に阿智村の物となった。近いうちにヘブンスそのはらはつぶされるが、かわいそうに、二度と土地が戻ることは無い。令和6年5月28日

 二度目の換地
今から5年前に、私は換地について渋谷章行地権者組合長と白澤佑次ヘブンスそのはら社長を追求すれば、何も答えることは無く沈黙で終わっているが、そのあとにまた、換地が行われている。平成15年に換地が行われたのであれば、なぜ今さらに換地をまた行うのか? と疑問を感じれば、阿智村に名義を移していない土地が半分以上残っていたことにあった。

6 Blog

6 Blog

飯田市と阿智村の行政犯罪の事実を発信しているサイトです。有料コーナーにつきましては、特定機関及び、不良者の閲覧を防止するためであり、個人情報の保護のために設定いたしました。閲覧料はひと月100円です。安心してご利用ください。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

6 Blog

6 Blog

飯田市と阿智村の行政犯罪の事実を発信しているサイトです。安心してご利用ください。

最近の記事

  1. 阿智村の行政犯罪と日本一の星空 岡庭一雄元村長と熊谷秀樹村長の両共産党員が阿智村を乗っ取った!

  2. 阿智村議会議員選挙 選挙違反は共産党!選挙違反は逮捕!

  3. 飯田市の行政犯罪 PART1 リニア中央新幹線 佐藤市長と代田教育長の不審な関係

新着 オススメ 特集記事
  1. 阿智村の行政犯罪と日本一の星空 岡庭一雄元村長と熊谷秀樹村長の両共産党員が阿智村を乗っ取った!

  2. 阿智村議会議員選挙 選挙違反は共産党!選挙違反は逮捕!

  3. 飯田市の行政犯罪 PART1 リニア中央新幹線 佐藤市長と代田教育長の不審な関係

  1. 阿智村の行政犯罪と日本一の星空 岡庭一雄元村長と熊谷秀樹村長の両共産党員が阿智村を乗っ取った!

  2. 阿智村議会議員選挙 選挙違反は共産党!選挙違反は逮捕!

  3. 飯田市の行政犯罪 PART1 リニア中央新幹線 佐藤市長と代田教育長の不審な関係

  1. 阿智村の行政犯罪と日本一の星空 岡庭一雄元村長と熊谷秀樹村長の両共産党員が阿智村を乗っ取った!

  2. 阿智村議会議員選挙 選挙違反は共産党!選挙違反は逮捕!

  3. 飯田市の行政犯罪 PART1 リニア中央新幹線 佐藤市長と代田教育長の不審な関係

TOP