阿智村 村長が行った土地搾取犯罪!!!

未分類

信じられないタイトルから始めたが、共産党が支配した阿智村では普通の事であり、この様な類似犯罪が多く発生している。この様な犯罪が表に出ないのは、行政書類を偽造捏造することにおいて、行政業務を整えているからだ。ひょんなことからこの犯罪が露呈したのは、盗伐犯罪においての争いに、現熊谷秀樹村長が偽造書類と気づかずして、盗伐犯に内密に渡した契約書が裁判の証拠として扱われたことによる。盗伐犯は西の三悪人に指示された熊谷秀二自治会長と渋谷晃一智里西製材クラブ常務であるが、この二人は訴訟による被告であった。誰の樹木を盗伐したのかと言えば、50年以上前にこの地を離れた澁谷ゆきゑの土地に植えられていた樹木であるのだが、この澁谷ゆきゑの他の土地三筆を阿智村長が搾取していたのだ。土地だけではなく、そこに植林されていた樹木も阿智村長が搾取していた。信じられないとことだが、その偽造契約書を見ればお分かりいただけると考える。だからして、その契約書の写しをタイトル画像にしておりますので、事実であることにまずは納得していただきたい。
 偽造の証拠
渋谷晃一は、「澁谷ゆきゑは本谷園原財産区にすべての土地を売って出て行った」との証明になるとしてこの契約書を証拠として反論したのだが、この証拠を誰から手に入れたのかと言えば、熊谷秀樹村長であることに、この契約書の写しには、阿智村の決済欄が載っていることによる。本谷園原財産区にこの契約書が残っているのであれば、この様な決済欄は不要であって、それも本谷園原財産区の保管書類として提出されなければならない。まるで子供だましの手口であるが、裁判の証拠としたことで足がついた。この契約書が偽装であるとのは、まずは契約日にある。平成7年3月2日に本谷園原財産区は存在していない。本谷園原財産区との架空の団体は、ヘブンスそのはらから支払われる両区の山林地代を横流しにする目的でつくられた架空団体であって、それも岡庭一雄が村長になった平成10年2月1日」以降に設立された団体である。令和6年1月5日

 誰の犯罪
平成7年はたしかに山内康治村長であるが、本谷園原財産区が存在していなければ、岡庭一雄村長が偽造した契約書となる。なぜ契約書を偽造したのか、いや、なぜ偽造契約書を作成しなければならなかったのか? そこを紐解けば、この犯罪の全容が見えてくる。
 偽造契約書の必要性
ヘブンスそのはらロープウェイ基地周辺の開発行為は土地区画整理法において造成工事が行われている。そしてその造成工事が行われる土地の所有者が地権者組合を設立したのは、土地区画整理法にかかる土地の売買が禁止されているからである。ここで言えば、例え阿智村が行政団体だとしても土地を購入することは出来ない。だからすれば、山内村長がこのような契約書を作成する必要はないのである。ここまでで偽造契約書と判明したが、この法律を岡庭一雄や時雄は知らなかったようだ。まあ、泥棒に法律もくそもないからして無駄な説法だが。さて、なぜ契約書が必要だったのかと言えば、これは単なる阿智村の事情である。阿智村が買ったとしなければこの土地の地代を横領出来ないからで、それは時雄の考えからであった。思い出していただきたいのは、時雄と秀逸はこれらゆきゑの土地を手に入れようと稲武町までゆきゑの長男建典氏のもとを訪れ追い返されているに、建典氏がこれ等の土地を売るなどあり得ないことで、平成10年頃に病伏せた建典氏をよいことに、このような手段を用いている。そして売主を本谷園原財産区としたのは、本谷園原財産区の土地だとの証明としたいからだ。なにか釈然としない説明に聞こえるだろうが、なぜこのようなことを時雄と岡庭一雄が行ったのかと言えば、それは「覚書」の存在にある。覚書? 思わず首をかしげるだろうが、時雄が本谷園原財産区をつくった訳がこの覚書にあることだ。令和6年1月7日

 阿智村名義
ヘブンスそのはらのスキー場用地の山林は阿智村名義になっている。そこに大した意味は無いのだが、岡庭一雄と時雄と秀逸にとってはとても重要なことなのだ。なぜかと言えば、「両区の山林に税金がかかる」「だから名義人の阿智村に一旦地代を入れて地域振興補助金として迂回する」「地域振興補助金の支払先は本谷園原財産区だ」を理由として、阿智村にそれら地代を支払わせ、その一部を地域振興補助金と称して存在しない団体、本谷園原財産区に迂回していたからだ。これだけで、区には行政犯罪として「歴史上あり得ない犯罪だ」と指摘したが、これだけでないことに、地代380万円余りの内、100万円ほどが消えていることにもう一つの犯罪が有る。おそらく、この100万円は西の三悪人の別口座に振り込まれていると思われるが、証拠上においては、阿智村の犯罪となろう。
さてここからがこのコーナーの本題へ進むとなるのだが、この存在しない本谷園原財産区が、澁谷ゆきゑの土地を「本谷園原財産区の所有する土地だ」として阿智村と売買契約を交わしていたことにある。この契約書をどこから手に入れたのかは、熊谷秀樹村長が「岡庭一雄を逮捕させるためには何でもします。おかしな契約書がいっぱいある」との発言において、「熊谷さんには直接渡せないので吉川議員を通して受け取ってください」として手に入れた契約書であるが、この時点では誰の土地であるのかは分からなくあった。しかし、この契約書の写しと思われるものが、澁谷さんの無断伐採の被告晃一から「当該土地の他にゆきゑの土地は本谷園原財産区がすべて譲り受けていた」との反論証拠とされたことで、岡庭一雄と西の三悪人の仕業だと判明したのだ。熊谷秀樹村長が何故この様な契約書を私に渡したのかって? それは簡単な話し、その頃の熊谷秀樹村長と時雄は対立関係にあったからだ。では、なぜ対立関係に有ったのかと言えば、岡庭一雄と時雄が村長後継者で対立していたからである。岡庭一雄が三選し、そこで時雄にバトンタッチされる約束を岡庭一雄が反故にした。それは、岡庭一雄の御子息を村長にしたいとの親心にあるが、それ以前において、園原資料館の建設に伴い、章設計に設計させまいとする時雄の意地汚さにおいて、岡庭一雄村長と水上宗光参事が章設計の契約を反故にしたことによる裁判の争いから始まっていた。令和6年1月9日

 犯罪の証拠
岡庭一雄は裁判いおいて窮地に陥るも、それ以前に議会に対して陳謝をしていた。なぜ議会に謝ったのか? それはやはり、章設計が公開質問状を議長に提出したからであるのと、鈴木設計、原建設との官製談合の犯罪が露呈したからである。ここで逃げを打ったのは時雄である。「村長は岡庭一雄だ」「章設計と取引したのは岡庭一雄じゃないか」と、暴露したのである。それほどに恐ろしかったのは、鈴木設計との官製談合の中心に時雄がいたからだ。たしかに原建設と章設計の官製談合は岡庭一雄村長であるが、その官製談合の元になるきっかけは時雄と原建設山口会長の水子地蔵の落石事故にあった。その事故を表に出すとした私に、口止め交渉したのは岡庭一雄村長と山口会長と熊谷操議員であるに、それにおいて始まった園原資料館の建設、これを妨害したのが時雄と水上宗光参事である。そして園原資料館は園原ビジターセンターと名前を変えて、鈴木設計に設計させたのも時雄と水上宗光であった。そして官製談合を県警に自首告発した私は、「贈収賄で岡庭を挙げる」とした県警捜査二課に待ったをかけた。そして裁判に持ち込むに、すでに時雄の力は消えていた。時雄は引退するに、岡庭一雄は4選へと足を進め、ついには息子を後継者にすると捲し上げていた。そこで我慢ならない時雄は、岡庭一雄を非難して自身が村長選に出ようと企んだのだが、それで動いたのは上原耕平と言うおバカ議員だけであった。それでも岡庭一雄の評判は落ち、ついには熊谷秀樹を後継者にするしか残らなかったのだ。
 岡庭一雄の仕返し
裁判で負けた章設計に対し、岡庭一雄村長は下伊那町村会長の立場を利用して、下伊那中の町村長に「章設計を指名すると裁判される」と吹聴して妨害されたが、岡庭一雄を相手にしなかったのは天龍村の大平村長だけであった。岡庭一雄のしつこさは時雄と同じで、月川旅館の社長に座った時雄に対してもその手を緩めることはなく、「村の施設じゃないか、全面改築費用として3億円出せ」と迫る秀逸と時雄に対して、「月川旅館は払い下げる」として対応せよと、熊谷秀樹村長に指示したのである。この様にして始まった岡庭一雄と時雄の確執は、私がヘブンスそのはら山林地代の横領を表に出すまで続いたが、そこで手打ちをしても間に合う話でないことに今がある。令和6年1月11日

 本谷園原財産区の存在
岡庭一雄と時雄の確執までを簡単に書き出してみたのは、この二人がケンカ別れをしたにせよ、どうしても切り離せないのが本谷園原財産区の存在なのである。なぜ切り離せないのかは、本谷園原財産区をつくったのがこの二人であるからだ。なぜつくったのかはヘブンスそのはら山林地代の横領にあるが、横領は山林地代だけにあらず、他にも一億円を超すとんでもない横領がある。そして他にもいくつかの横領が発覚しているが、その一つに、この契約書で手に入れた澁谷ゆきゑの地代横領も含まれていた。この契約書が示すのは、「本谷園原財産区が阿智村に三筆の土地を売った」と言う事実であるが、他人の土地を売り買いしたとの事実でもある。この契約書で本谷園原財産区に契約金額を支払っていることは渋谷晃一が証明したからして、大変な事実ではないか。これを阿智村は「契約書が有りますよ」としてこの裁判の証拠とされたが、その反論がどの様な結果をもたらすのかは、計り知れないほど恐ろしい。まずは、「行政が契約書を偽造した」次に「行政が契約書を捏造した」そして「偽造捏造した契約書に基づき公金を支払った」その上で「阿智村の土地と見せかけた」まだある「土地区画整理法において地形変更を行った」極めつけは「他人の土地を搾取した」である。これらすべては犯罪なのだが、これを阿智村がやったのだからことは重大だ。考えてもみろ、個人がこれほどの犯罪を行えば、一生刑務所の中だと言うことを。これを阿智村という地方公共団体の長が行ったのだから、あり得ない話ではないか。そしてこれらが事実であると証明したのは、なにあろう阿智村顧問弁護士の下平秀弘氏なのだ。馬鹿な弁護士ではないか、自ら進んでとんでもない犯罪を表に出したことに、この契約書で反論できるとしたお粗末さは、とても顧問弁護士として考えられない。何をどうしたにせよ、他人の土地を阿智村が搾取したの事実は変わらない。令和6年1月13日

 答えは出ていた
下平秀弘弁護士の間違いは、この裁判を争うとしたことにある。訴えられたとして、何も争うばかしが裁判ではないことに、あっさりと、「申し訳ありません」として謝れば、この契約書は表に出なくあった。なぜ争うと判断したのかは、章設計との遺恨があったに他ならない。20年前に岡庭一雄村長を相手として損害賠償請求で訴えるに、一審において和解を蹴った章設計が敗訴するに、なぜ控訴しなかったのと考えなかったようだ。弁護士も使わずの裁判で、負けることが分かっている裁判で、なぜ訴えたのかの真意を知らずして岡庭一雄を守った。そこに阿智村顧問弁護士としての正当性は有ったにせよ正義は無い。それらのことをブログに書き出し、下平秀弘弁護士は共産党だと、岡庭一雄とは個人的な付き合いがあると、さんざんに悪口を書けば感情的になるは当然だが、なぜそれほどまでに下平秀弘氏をこき下ろしたかが分からなかったようだ。月川旅館の株主権利の争いにおいて、時雄は下平秀弘弁護士に依頼しているが、そこでも証拠の捏造があった。(原弁護士は証拠の信用性に対して絶対なる確信が無ければ用いていない。当たり前のことだが、下平弁護士や中村弁護士にはその様な倫理観が無いようだ。)そして次には飯田市の裁判でも、原章と木下悦夫に嘘の陳述書を作成させていたが、やはり共産党には通じるものが有るようだ。まして行政が他人の土地を売り買いしたとの契約書など、一目において弁護士なら分かるはずだが、臆面もなく証拠として争うに、その結果が偽造契約書・捏造された証拠となったのは、阿智村を危険にさらしたことだ。これではまずいと考えたようで、この契約書についてそれ以来一切触れず、全く見当違いの「背信的悪意者」として反論してきたが、「契約書によって阿智村が所有している」との反論への言い訳を先にすべきではないのか。背信的悪意者などとの法律用語は無いが、最高裁での判例において「所有者以外の時効取得を知った上で高額な請求を行った場合」は確かにあると聞くが、私が高額な請求をしたとの理由に、「市長選挙や村長選挙に立候補への選挙資金や阿智村を非難する政治活動の資金にせんがため」とのこじ付けは、弁護士としても品位にかける。市長選挙に25万円、村長選挙に20万円では小遣い程度のものだが、それでは全く根拠に薄いと指摘すれば、今度は「2000万円以上の高額で村長に売りつけた」とに変えてきた。令和6年1月15日

 反論できない裁判
弁護士の程度が知れたが、そういう原弁護士もこの裁判の依頼に断りが入った。それは共産党であるのも関係するし、阿智村の出身だともあるが、儲けが少ないが最も分かりやすい。それに代えて下平秀弘弁護士は、被告阿智村の顧問弁護士として200万円以上の報酬があるようだ。これならがんばっちゃいますよね、でっち上げでも何でもね。この裁判、原弁護士が受けないから東京の弁護士に依頼したが、そんなこんなで争うに、「高く売りつけた」の反論は無いだろう。そういえば、西地区の住民らも口をそろえて同じことを言っていたが、それを言いふらす村長や議員らにどのような目的があるのかは、単純に私の評判を落とすことなのだろう。単細胞の能無しは相手にしたくないが、裁判ともなればそうもいかないことにある。下平弁護士の反論は「澁谷徳雄氏から安く買って阿智村に高く売りつけた!」であることは、まさに熊谷村長と議員らの代弁者に変わりなく、だからして完璧に否定しなければ、私は背信的悪意者だとの濡れ衣を着せられてしまう。まさか、背信的悪意者と反論されるを予言していたわけではないが、この「安く買って高く売りつけた」を否定できるような買い方を行っていた。それは「部分払い」なのだが、渋谷徳雄さんは母ゆきゑが残した土地を管理するに別荘でも建ててと話していたが、平川文男から別訴されたことで原弁護士から「別訴裁判費用」が請求された。それは思いもよらぬことであり、そこまでに用意されていた裁判費用が足りなくなったことで、私に土地を買ってもらえないかとの相談があった。しかし、どの土地をいくらで買うのかの話も出来ずして、それに応えるのは難しくあった。だからして、澁谷さんが相続したすべての土地(盗伐被害を受けた土地も含む)の評価を行い、すべての土地を買うを前提として算出したのである。その上で、とりあえずの弁護士費用(22万円)を内金として支払っただけのこと。この様な状況を林司法書士(澁谷徳雄さんの相続手続き依頼)に相談して、三筆の土地を購入したのであるが、その三筆の土地評価は64万円であり、その差額は既に支払っている。だからして、「安く売って高く売りつけた」は通用しなくなったのだが、今度は「安く買って2000万円以上の請求を村長に行った」の当初反論を、「22万円で購入し、10倍以上の訴訟賠償請求を行った」に変えてきた。そして背信的悪意者だと、今も宣うのである。令和6年1月17日

 反論は背信的悪意者だけ
またしてもバカなことを言い出したが、もともとに、2000万円を超える金員を熊谷秀樹村長に請求していない。以前公開したので覚えておられる読者もいると思いますが、あらためて説明すれば、「土地を売った場合」「今までの賃貸借料」「植樹されていた樹木の賠償金」の三点についての計算表であって、また、それらの計算の根拠も熊谷秀樹村長に説明している。その金額を合計して「2000万円は高額だ」「安く売って高く売りつけるのは悪意者だ」と反論する下平弁護士にはあきれるが、考えてみれば、この程度しか反論できないのだと判断できた。土地を売るに、参考にした坪単価は岡庭一雄村長が確認したことで、私の請求が高いと言うのであれば、岡庭一雄村長の確認を否定することだと熊谷秀樹村長は理解していた。土地を購入するなら今までの賃貸料は澁谷さんに支払うことだと説明もした。そして樹木の損害賠償は、村が本谷園原財産区に支払っている(契約書在り)からして、支払先が違うとしたまでだ。この様な事に、下平弁護士はユーチューブを見て聞いているのだが、それでも悪意者だとするに、それ以上の反論が出来ないことにある。(下平弁護士は「ヘブンスそのはらに関わる行政犯罪の現場その6」のユーチューブを見て、「澁谷徳雄氏の代わりに請求した」として、悪意者だと決めつけている。)
 悪意者の根拠

下平弁護士が言う「背信的悪意者」との根拠について「アーテリー道路は平成7年から村道である」を挙げており、村道だとのことを私は知っていたと言うのである。いわゆる、平成7年から村道で有るので村は時効取得しているのだと主張され、時効取得しているのを知っていながら高額な請求を行ったのは背信的悪意者だと決めつけたのである。この擦り付けに私が戸惑ったのは、ヘブンスそのはらの開発行為に係る土地全ては売り買い出来ないとする土地区画整理法を下平弁護士ともあろうものが知らないはずが無いと思ったからである。西地区のお粗末な者達でさえ、この法律において地権者組合を設立し、ヘブンスそのはらの経営者と契約を結ぶに、アーテリー道路だけが阿智村に地主は売ったと言うことになる。令和6年1月19日

 だから換地
下平弁護士は本谷園原財産区の設立に時雄の相談に乗って木下伸二司法書士を紹介しているから、本谷園原財産区と阿智村長の契約書を見てすぐに判断できたことだろう。これは犯罪だとね。時雄が下平弁護士に相談した内容は「本谷園原財産区を設立したい」との依頼であるに、財産区では設立できないとするは弁護士なら当然である。ならばどうして木下司法書士を紹介したのかは、「本谷園原財産区の名称で登記できないか」と話したことに、「登記なら司法書士ですよ」であろう。法人登記など出来るはずもないが、名ばかしの団体で有っも規約は作れると言うは木下司法書士であって、だからこそ、「本谷園原財産区保護誓約書」を作成して、本谷園原財産区の規約としたのだ。この保護誓約書をつくるについて、両区の書庫に保管されている「本谷園原共有山保護誓約書」を参考にしているが、都合の良いところだけを拾い上げて規約とされている。時雄がつくった本谷園原財産区保護誓約書が通用したのは、世代交代においてこの「本谷園原共有山保護誓約書」が在るのを知らない者ばかしであったからだが、馬鹿でもあるまい、本谷区と園原区、それに小野川区の三集落で小野川村が形成された歴史を知らず、存在しない“区”をつくったとして、法律的に通用することは無い。しかし、これを堂々と押し通した時雄もさることながら、議会対策に偽造契約書を使うあたり、岡庭一雄と言う男、村長なら何でもできるとしたその考えは、さすがと言うよりほかにない。(本谷園原共有山保護誓約書は両区の金庫内に保管されていると思われるが、秀逸か時雄が焼却処分しているかもしれない。だが、私の家にはしっかりと保管されている。)
さて、本谷園原財産区との存在しない区をつくったのちに何をしたのか? 真っ先に行ったのはヘブンス山林地代を横領するにあるのだが、早速に澁谷ゆきゑの土地三筆(正確には4筆ある。)も同時に搾取したことにある。令和6年1月21日

 公図は不変
時雄は盛んに『換地をする』と口にしており、実際に換地と称してアーテリー道路とされている土地の地主達と会議を行っていた。その会議は一二度開かれているが、そこに代わったばかしの地権者組合長佐々木毅文と岡庭一雄村長以下、役場職員が同席している。会議は時雄が仕切り、その内容は、アーテリー道路にかかる地主らに『名義を阿智村に移してくれ』との依頼である。ただではない。換地にかかる費用は吉川建設から400万円が支払われるとされた。その上に、地代は今まで通りヘブンスから支払われるとされたし、村道にするので税金もかからないと言うのだ。これを「村の言うことだ」としたのが時雄であって、それを鵜呑みにしたのが佐々木毅文である。それもそうだ。「村に名義を変えるだけで金が入り、地代もそのまま支払われて税金もかからないと言われれば、反対する地主は誰もいない」欲にくらんだ地主らを騙すは簡単であるに、それでもその話を事実とするに、吉川建設から400万円の差し入れなければ事実とならない。だからしてヘブンスそのはらの支配人である渋谷吉彦に、保証金(契約金2千万円)のうち1千万円を持ち出させたのだ。時雄の考えとしても岡庭一雄が村の施策として始めた換地であれば、吉川建設は従うしかない。だが、保証金は保証金であり、供託してあるを勝手に持ち出した渋谷吉彦は首になったのだ。この結果に時雄は吉彦に顔が立たない。だからして、残り600万円を吉彦に渡したかもしれないが、600万円は確かに消えている。この話が事実であることは、地権者会議と称する会議録が残っているのと、400万円差し入れの定期預金通帳が存在していることにある。そして、白澤佑次が熊谷秀樹村長に、『契約金1千万円が行方不明だ』と騒いだのも、この話しであることだ。
 換地の目的
時雄はアーテリー道路にかかる土地を阿智村名義に変えようと換地を言い出したのではない。その目的は、澁谷ゆきゑの土地搾取にあったのだ。少なくとも平成12年、本谷園原財産区をつくった時に、アーテリー道路にかかる澁谷ゆきゑの土地を搾取しようと考えた。それには何らか形になる書付が必要で、それがこの写真にある売買契約書であるが、ここで土地の売り先が阿智村であることに目を向けていただきたい。令和6年1月23日

 目的は地代のネコババ
ネコババとは猫の糞と書くが、猫は糞をしてそれに砂をかけて隠すことから、悪事をして知ら顔をするさまをさすのだが、時雄と岡庭一雄には全く当てはまる言葉ではないか。しかし、ここまでしての泥棒に、阿智村の共産党職員や議員らは何を考えていたのであろうか。そもそもに、村長の指示は絶対との職員の受け止め方も分かるし、村長の指示に従うのが職員の義務だともその通り。だが、犯罪だと分かっての従いは、義務でも何でもないただの共犯者だ。ここで言いたいは水上宗光と佐々木幸仁である。この二人が犯罪に気づかず岡庭一雄に従うはないことで、ここに存在するは共産党の思想だからして、犯罪と考えてないことになる。その恐ろしさは言いようがないが、ここで犯罪が明らかになるに、俺は知らなかったとか、退職しているとかは通る話ではない。時雄が死んでも関係ないし、これから死んでいく者も関係無い。これらの犯罪の責任を取るのは岡庭一雄と共産党職員、そして阿智村の共産党たちである。
 換地は便宜上
本谷園原財産区をつくったのはヘブンスに関係する土地地代の横領するためで、両区の地代を搾取するに「税金が掛かる」であるが、個人の土地地代を横領するのに理由が無い。そこで考えられたのが「村道にしたい」であるのだが、村道にするに阿智村名義にすると言うのが理由である。村道にするはアーテリー道路が村道でないとを示すのだが、ここで誰もが誤解するに、阿智村が金を出してアーテリー道路を造ったとの誤解である。たしかに阿智村はこれらの区画整備事業に村の補助金を充てたし、その充てられる理由が村道だとの理由もある。しかし、村が金を出したとしても、村道になった部分だけに補助金を充てたことではない。分かりやすく言えば、補助金を出しただけなのである。「村道としますので補助金を出したい」と議会に諮り、議会はそれを了解した。だから村道だとされても、そこに何の問題も無い。村道であったにしても、阿智村が所有していない土地は幾らもあるし、他人の土地を村道としても、そこに違反は何もない。ただし、本来の土地所有者が、村道として使用することに了解が無ければ、それは搾取と言うものだ。令和6年1月25日

 道路と公道
アーテリー道路は道路であるが村道ではない。アーテリー道路を村道とすればそれは村道だ。道路であっても村道であっても阿智村が買っても借りても、村道であるとは言えないし、買わなくても借りなくても村道だと言えばそれは村道で構わない。だが、アーテリー道路になっている土地の地主たちには、ヘブンスそのはらから地代が払われている。なぜか? その答えはこのコーナーではなく別のコーナーで説明するが、ここで言いたいのは、澁谷ゆきゑの三筆の土地にも地代が支払われていたことだ。そう、ほかの地主達と同じように払われている。当たり前のことだが、では、誰に払われていたのであろうか? この契約書を見れば本谷園原財産区が阿智村に売ったとなるが、そうであれば阿智村に地代が払われていることになる。だが、この裁判で争うに、確かにはじめは「本谷園原財産区から購入しています」が反論であった。そして舌の根が乾かぬうちに占有権の主張(時効取得)に切り替えている。ここまで混乱する阿智村であるが、この契約書を証拠としたことで、阿智村が地代を受け取っていたは事実となっている。
 同様の手口
この手口はヘブンス山林地代の横領と全く同じであると気づいていただきたいが、偽造契約書を作成する目的は金の流れをつくることにある。阿智村の土地だとするに契約書が必要で、次に、阿智村の土地としたが実際は本谷園原財産区の土地だを示すのが覚書の存在なのだ。「税金がかかるから名義人の阿智村に一旦地代を支払うが、土地は本谷園原財産区のものだ」それを確かなものとするに、覚書が必要と言うことなのである。そして澁谷ゆきゑの土地代を横領するに、まったく同じ手口が使われた。そう、「税金がかかる」の代わりに、「ゆきゑはすべての土地を本谷園原財産区に譲渡してこの地を去った」であり、村道となるので村に売った形にしたのだと言うのである。本谷園原財産区の総代をやった面々は、時雄のその嘘を信じて、この三筆の土地の道路敷の草刈りをやらされたことを思い出したらどうだ。令和6年1月27日

 犯罪者は阿智村
この契約書の存在が何を意味するのか考えていただきたい。偽造であっても無くても、契約書が示しているのは、阿智村がヘブンスそのはらの地主であると言うことだ。この様な単純なことに気づかずして、契約書を証拠とした阿智村に待つのは何であるのかと、その重大性に気づいたらどうだ。両区の山林地代は登記名義人だから阿智村に一旦入れて本谷園原財産区に支払うとし、ゆきゑの土地は本谷園原財産区の名義でないから村に売った。この契約書がその証拠だとされるに、泥棒した土地を阿智村が買って阿智村に地代が入る。これは阿智村が横領したことになるが、その前に他人の土地を売り買いしたことに、これは詐欺という立派な犯罪となる。行政が詐欺と横領の犯罪を二つも行ったとなれば、それを裁く法律は存在しない。法律で裁けなければ憲法違反となることだ。下平弁護士がこの契約書を証拠として裁判所に出したことは、もはや阿智村の生き残れる道を閉ざしたことになる。この重大性を理解できない弁護士が、阿智村の顧問弁護士だと言うが、阿智村が潰された場合、下平弁護士にいったいどのような責任が取れるのか。熊谷秀樹村長に買ったらどうかと進言すれば、議会と一緒になって高額な価格を請求したと罵り、やむを得ずして裁判とすれば、今度は村道だと知っての高額請求は背信的悪意者だと決めつける。さすがに共産党の弁護士だと呆れるが、悪いことをしたとの人間性があれば、まずは誤ってからことに及ぶべきではないか。そう、最初から謝ればよい。岡庭一雄村長が勝手にやったことだとすればよい。どのような言い訳でもよいではないか。それをこんな契約書でもって阿智村が本谷園原財産区から買っていたとしたら、もはや言い訳一つできない。弁護士であれば勝てる裁判かそうではないのかの見極めは出来る。こちらの弁護士は当然に勝てない裁判は引き受けないことで、この契約書の存在を請求していないのは「その契約書に拘束されていません」と、すでに熊谷秀樹村長に返答していたからだ。分かりやすく言えば、澁谷徳雄さんの土地は私が買って登記したんだと、もし阿智村の土地であれば、阿智村の名義になっているはずだと、この契約書では買ったことにはなりませんよと、そう念押しをしたのだ。令和6年1月29日

 裁判官が進める和解
それは昨年10月の期日において、裁判官からいきなりの言葉が出た。「熊谷さん、和解の考えは有りますか?」それは下平弁護士に「少し席を外してください」と言って退出させた後の事、突然のことに少々驚いたし、和解の話しが期日の途中に出ることは考えもしなくあった。そして裁判官の口から出たのは三筆の土地の事ではなく、園原部落内の私の田が無断で道路拡張されていたことの訴え『土地返還請求事件』の事であった。土地返還請求事件として訴えるに、それぞれの土地の場所も返還請求の内容も違うことだが、たまたまに同じ訴えであることで同時の訴訟としたのは、原告被告も双方の弁護士も同じであるが理由である。そしてその訴えの分類として、三筆の土地を『その土地1,2,3』他の土地を『その4』としていたことで、その土地4についての和解打診であった。和解を受けるかどうかは即答とされたが、その結果を書き出すには、その土地4の訴えを説明してからとします。
 その土地4の訴え

まずは、どのような訴えであるかを説明するに、公図と現状の差を説明します。土地4の状況   クリックしてご覧ください。
3467-1番が私が所有する田んぼであるのだが、その道路側に面している紫色の部分が、平成18年から阿智村に無断で占有されたいたのだ。その事実を今になって知ったのは、渋谷吉彦と私の土地の境に在った樹木が吉彦の手において無断で伐採されたことによる。役場を呼んで境を確認したところ、役場が持ってきた公図(3467-1の田)と現場で見る田とに大きな食い違いがあったことで、私の田が村道拡幅されていることを知った。村は「村道拡幅工事で提供されている」との返答がなされたが、ならば分筆線が引かれ無課税処置がとられるはずだと言えば、それは今久留主職員がやったことで分からないと言う。課税台帳で確認すればしっかりと課税されているのが判明したのである。だからして訴えた訳ではない。この件に関して熊谷秀樹村長に面談を求めたが、それを一切無視された上に、給水停止が実行されたからである。令和6年1月31日

 出鱈目行政
この様な事を読者の皆さんも行政から行われたならばどうしますか? 訴えた私を悪いと言うのですか? 少なくとも阿智村民はそう思っていますよ。この件をユーチューブで発信しましたら、伍和の大場土建かな原茂行って方から「ガタガタ言わないように村長になって正当化してみたらどう まず村長になってから阿智村を立て直してください」との、お叱りなのか声援なのか分からぬコメントが入っておりますが、どうも南信土建の下請けか何かでこの工事をやった土建屋かな。 さて、それはさておきと言いたいのですが、どうもこの大場土建の原氏はこの一件を詳しく知っているようですね。そうであればこれから私が書き出すことに、もし違いがあるのであれば、またコメントでも入れてください。
 無断拡幅した訳
なんと、無断で私の田を道路拡幅したのは、熊谷和美(操の甥)が補助金の不正受給を行うためであったとのことが、熊谷義文村会議員から語られました。その事実を確かめようとして私は裁判に及んだのです。これから事の発端から説明しますが、時は平成17年のこと、信濃比叡の本山が建立されて開山式が開かれるとなりました。まあ、水子地蔵の一件で反対した経過が有りますし、それにおいて岡庭一雄村長が園原に資料館を建設するとの官製談合の始まりも有りましたが、当時の私は園原部落長であり、また、智里西自治会の産業建設部長の立場でもありました。(私が自治会の役員になるに、そうはさせまいとして村会議員である時雄が自治会の役員となっております。そして私が自治会長になるのを阻止しようとし、共産党である渋谷博亮(戸沢部落)を自治会長に、そして会計は時雄がやると、そんな馬鹿なことが平気で出来たのは、共産党の政治であったからでしょう。)ですからこの拡幅工事を知らないはずがないのです。不思議な話になりますが、不思議と思っているのは私だけであったようで、それはそれは、熊谷義文議員が当時の様子を詳しく教えてくれました。令和6年2月2日

 田中康夫知事が来る
私の妻の姉が県職でして、当時は県庁に勤務して田中康夫知事の手足として県外者の長野県観光に力を入れており、信濃の国「尋ねまほしき園原や」を題材にした園原観光を田中知事が同行するとなり、その連絡が阿智村に入ったことで、園原の村道整備(舗装のやり替え)が急遽決まっております。田中康夫とその観光団が園原に来ると知らされた岡庭一雄村長は、信濃比叡本堂開山式をその日に合わせたのだが、その頃の園原集落の村道舗装(昭和50年代)は荒れていたことで舗装改修が突然行われたのである。信濃比叡の本堂の設計をホテル阿智川の山口会長から依頼されていたことで、また、田中康夫知事と観光団(大型バス2台)の前で開山祝いの餅投げを行っていますし、田中康夫知事と面談したので詳しい経過を知っているのですが、まさかとして舗装改修工事に合わせて村道拡張が行われたとには気づきませんでした。当時の私は園原部落長であり、自治会の建設部長ですので、道路拡張が村から知らせられないはあり得ないのです。たしかに田の回りに擁壁の工事は行われていましたが、まさか田に喰い込まれているとは思いませんでした。擁壁をつくられたことでその周りが深く沈み、毎年のごとく田植え後の始末(伴植え)が大変なのですが、そんなときに義文議員が通りかかったことで、「和美は自分の家に入りやすいように境に無断で隅切りをやられたが、勝手すぎないか?」と、話したところ、「これは和美が離れを壊して車庫をつくるに、道路舗装に合わせて離れがかかると操さが村に言って取り壊し費用の100万円を村からもらったときに隅切りしたのだと思う」と、驚くようなことを平然と口にしたのである。そう言えば、この田の一部を敏一(和美の父)さんに父は貸しているが、そして間知ブロックを積み上げ家の前を広げているが、その時も車の出入りに使いたいとのことで貸している。令和6年2月4日

 和美も共産党
敏一さんと和美は折り合いが悪くあった。私がこの田で作業をしていれば、敏一さんが寄ってきて話すは和美の悪口ばかし、なぜそこまで親子関係が悪いのかは、和美が共産党であったからだ。まあ、その話はともかくも、ここでもう一度土地4の状況をご覧いただきたい。赤く四角に塗りつぶしたところに離れが在ったのですが、その離れを取り壊すに村から補助金をせしめようとするは和美の考えである。その依頼を受けた操が策略したのが、「村道拡幅において離れにかかる」であったのだが、ここに村道拡幅の理由が存在しない。そこで岡庭一雄村長に相談すれば、「田中康夫知事のバス観光を利用して『危険なカーブ』を理由にすればよい」となった。そして田の周りだけではそれから先が狭くなるとし、菊美の家まで村道を拡幅させて、離れの縁側庇にかかるようにせよとなった。(離れ本体にかかるわけではない。)要するに、私の田の周りが大型観光バス通行に支障があると言う訳なのだ。こんな話をまともに言えば私が承知するはずはないと、だからして秘密時に進められたのであるが、義文もまた家の前にある道路わきの田の一部を提供せざるを得なくなり、同じく車庫を建てたことで、この経過を詳しく知っていたのだ。(佐々木幸仁はこの時建設課長であり、私に断りもなく測量会社(弘和)に拡幅図面を書かせ、工事発注していた。)
阿智村民の皆様、あなたの土地がこのような謀略や犯罪行為において搾取されていたとすれば、許すことが出来ますか? 行政だからと言ってやむを得ないとして諦めますか? 共産党の愚かな者たちよ、共産党の政治はこのようなことを正義としているが、これがマルクスレーニン主義の思想だと認めますか? 私の言うことが嘘だ! でたらめだ! と騒いでおられますが、この裁判が終わればすべての事実が表に出ます。その時になっても、ぜひ、嘘だでたらめだを合唱してください。そして阿智村の終わりを自らの目でご覧いただきたいと思います。令和6年2月5日

 和解できない
裁判官は土地4について和解の考えを私に聞いたのは、すでに土地4については阿智村の敗訴が決まっているからである。裁判官の判断は「証拠が無い」であるでしょう。ようするに、阿智村側に証拠が無いと言うことです。どのような正当な理由が阿智村に在ったとしても、阿智村は行政であるからして、行政書類が揃っていなければならない。この様な事例の場合には「売買契約書」が必要なのである。村道の拡張だからといって無断で他人の土地を拡げることは出来ることではない。契約書が無ければ承諾書でも覚書でもよいことで、行政業務は全てが書類であれば、必然的に土地提供に関する書面が無ければ証拠とならないのだ。だからして阿智村の敗訴は確定的であって、だからして裁判官は和解の話を出したことなのである。ここで裁判官が和解の話しをかけるなど本来ならばあり得ない。なぜそのように聞かれたのかは、下平弁護士からたってのお願いが裁判官に出されたことによる。被告弁護士からの打診である故に、被告弁護士の席を外させ、正式でない形で打診されたのだが、当然としてのお断りに、分かりましたとしてそれ以外は無い。さて、ここで疑問に思うことは、土地4に限らず、土地1~3のアーテリー道路の訴えについて和解の打診が無いのはおかしくないか? 土地1~3と土地4の訴えは同じであって、進行整理にて分けられているだけだが、なぜ土地1~3について和解の話が出ないのかは、阿智村はこの写真にあるように、契約書を証拠として反論したからである。契約書が有りますよとなれば、和解に進める要素は何もない。ならば、この契約書が通用するならば、阿智村の勝訴となると言うことになる。
 補助金不正受給
この裁判いおいていくつかの付録犯罪が明らかになるが、土地1~3については言うまでもなく偽造契約書の件となる。まあ、その話はこれから詳しく書き出すが、その前に、土地4についても違法行為が二つ判明している。その一つ目は「補助金不正受給」であるが、「離れの取壊し資金の要求」との和美の請求に応え、村会議員である熊谷操は岡庭一雄村長に「村道拡張を行い離れが掛かるようにして補助金を和美に与えよ」と請求した。令和6年2月7日

 農地法違反
そして和美に100万円が支払われた。これ、不正と言うより犯罪でしょうが。この事実がこの裁判いおいて判明するのだが、この犯罪を訴えるのは住民監査請求となる。そんな昔のことを請求できるのか? と思われる住民が居たらお笑い草だ。住民監査請求の要件事項において「地方自治法第242条2項 前項の規定による請求は、当該行為のあつた日又は終わつた日から一年を経過したときは、これをすることができない。ただし、正当な理由があるときは、この限りでない。」この正当な理由に『司法において判明した事実』で当たれば、裁判の判決日から一年以内とされるのだ。だからしてくどくも言い続けたのは『盗伐裁判の和解成立日から一年以内は不正受給と村長の違法行為について監査請求を行う』であって、この請求に併せて和美の不正受給もこの裁判が終われば請求することになる。共産党の連中は公文書取り扱いばかしを気にしているが、そんな端っこをつついてみたとして、何の意味も無いことだ。だいたいにして、行政の不正が判明すれば、それを正すのが議会であることに、その議会が機能しないからこういうことになるのだ。まあ、機能しないとは少し違うのは、議員の皆さんが共産党であることにある。
この様に、土地4についてもこの様な行政にかかわる犯罪が行われていたことで、これを明らかにするために、裁判にかけて証拠の確定をしたのであるが、同時に、土地1~3についても全く同じことで、この偽造契約書を何としても確定したかったのだ。たしかに澁谷徳雄さんに頼まれて土地全てを買うとしたが、和解協議においてすべての土地を被告晃一に売ったらどうかと裁判官から進言された。そこにおいて澁谷さんは「すでに熊谷さんに売っています」と断りを入れているが、私は晃一に売ることを了解している。だが、晃一は『章文に売った三筆の土地なら買う』と、意味深な条件が付けられた。ようするに、『全ての土地を買えと言うなら、章文に売った三筆の土地も加えろ』と要求されたのだ。そこで私は迷うことなく「売っても良いです」と澁谷さんに伝えている。そしてそれが裁判官に届くよう、ある文書を提出している。熊谷義文議員様   クリックしてご覧ください。 どうでしょうか、私は三筆の土地も含めて地区民が買うべきだと、義文議員に言っているのです。義文議員は「ショウの言うことはでたらめだ」と議会で話されているようですが、令和4年11月、私の家に来て、この話を受けたことまで嘘だと言えますかね。令和6年2月9日

 あくどい
「ショウはゆきゑの土地を安く買って村に高額な値段で売りつけた」これが熊谷秀樹村長が村民に言いふらした私の悪口ですが、それにおいて好泰までもが「章文さが高く売りつけたと村中で評判だ」として離れていった。まあそれはよいが、下平秀弘弁護士は、裁判の進行において契約書が無い不利を挽回しよと、熊谷秀樹村長の悪口をそのまま取り上げ、「背信的悪意者」として決めつけ反論された。しかしここで考えるに、熊谷秀樹村長が村民に言いふらすに、やはりその時点で下平秀弘弁護士に相談していたと思われる。その理由はと言えば、「偽造契約書の存在」であることだ。私は確かにこの契約書を元に「村が買ったらどうですか?」と持ち掛けており、この契約書は偽造ではないかと指摘し、この契約書は、村長、あなたが渡してくれたものだが、同じ契約書が盗伐裁判の晃一の証拠として扱われている。村長、あなたが私に渡してくれたように、盗伐裁判で勝ってくれと、晃一に渡したのではないですか? と言った。(この会話はすべて録音しており、ユーチューブで発信している。)ここで熊谷秀樹村長が「議会に相談してみます」と返答しているが、熊谷秀樹村長からしてみれば、議会に相談する内容ではない。この土地を買うかどうかの話を私は言っているわけではないことに、「村長、あなたは公文書を勝手に持ち出しているんですよ」と指摘していることだ。そんな重大なことであれば、共産党の下平弁護士に相談するは当たり前の心情ではないか。そこで下平弁護士であれば、とにかく買うことはならないと、必然的な指導をしたことになる。そして私が訴訟するに、15年前の岡庭一雄を訴えた裁判を下平弁護士は思い出したはずだ。(水上宗光も思い出していることだろう。)裁判とする前に調停をかけたのは、岡庭一雄の官製談合を表に出すに目的があった。下平弁護士は「設計料を払っても良い」を条件とされたが、「岡庭一雄に村長を止めろ」の、私の返答に調停不成立となった苦い経験がる。それを思い起こせば、私が何を目的に「土地を買ったらどうか」を言ったのかが分かったはずだ。令和6年2月11日

 反論証拠
下平弁護士は、私のユーチューブ(ヘブンスそのはらに関わる行政犯罪の現場その3)を見て反論証拠とされたが、村長との会話(阿智村長の自白)については、何もさわっていない。背信的悪意者と決めつけたのは「村長に高額で売りつけた」がもとであるに、ならば、村長との会話を証拠とするはずである。その会話をおなじくユーチューブで発信しているのに、それを証拠とせずして他のユーチューブを証拠とされた。なぜなんだろうか?? そこは簡単にして明瞭なのは「売りつけていない」からである。高額でもないし売りつけてもいない。貸す場合と売る場合に分けて見積書としただけである。それも買ってくれなどとは一言も口にしていない。買ったらどうですか? と、伺っただけだ。それに対して村長は「そうですね」「村道なのですから買った方が良いですね」「どっちにしても私の一存では決められないので、議会に相談してみます」と返答されている。そう、村長が買いたいと言ったのである。ですから、高額で売りつけてもいないし買いたいと言ったのは村長ですから証拠とできないのです。でも、私もこのユーチューブを証拠としていませんが、それは、この録音を証拠としなくても悪意者でないと証明できるからですが、それに、このユーチューブを証拠としないのは、偽造契約書についてのやり取りを村長と行っていることで、その内容の解釈においては、偽造契約書を利用して村長に買ったらどうですかと持ち掛けていることが分かってしまうからです。偽造契約書はこの裁判では重要でないことに、ここで、偽造契約書について云々すれば、偽造契約書が村長から渡された行政書類ではないと、渋谷晃一が盗伐裁判で使用した契約書なのだと、分かってしまうからです。その様な解釈をされますと、熊谷秀樹村長が渡した公文書ではないとなり、公文書取り扱い(行政文書管理規則)違反に影響してしまうからです。この様に、村長との会話を証拠とできないのは双方それぞれの思惑があってのことですが、ここでその裏事情を書き出せるのは、すでに裁判は証人尋問を残すだけであり、今ここで知られたにしても裁判委は何も影響しないからです。ですから、下平弁護士もこのブログを読んだにしても、新たな証拠として取り上げることは出来ません。令和6年2月13日

 控訴は有るか
阿智村が負けて控訴に至るならば、このユーチューブを新たな証拠とすることは出来るでしょうが、下平弁護士にはすでに控訴の気配は在りません。なぜそんなことが分かるのかと言えば、熊谷秀樹村長を証人尋問に召喚していないからです。岡庭一雄村長を裁判にかけた時、下平弁護士は岡庭一雄を証人尋問に召喚しております。「控訴になった時、村長が裁判で村を開けることは出来ない」が理由でした。確かにそうだ、そんなことは出来ることではないは弁護士の判断である。だからして、今回、熊谷秀樹村長を証人にあげなかったのであるのだが、それは同時に、裁判に負けると下平弁護士が判断していることにもなる。章設計が負けるとなれば控訴は必至なことで、阿智村が負けて控訴するのであれば、熊谷秀樹村長の証人は必要不可欠となる。そこでもう一つ念を押すが、証人の召喚は裁判官が決めることで、判決に影響する証人であれば召喚しなければならないのだ。熊谷秀樹村長が証人でないことは、すでに裁判官の判断は出ていることになる。「証人尋問は劇場だ」と言われるが、証人尋問で判決が変わることはまれである。
 訴えの整理と反論と証拠
「土地1~3」の土地は、地主に無断でアーテリー道路にされていた。そこで私は阿智村に「土地を明け渡せ」「今まで(20年間)の地代を支払え」と訴えた。そこで阿智村は「20年以上時効取得している」として、この契約書を証拠にした。その上で、「村道だと知っていて高額で村に売りつけた背信的悪意者だ」と反訴に近い反論であった。しかし、ここで反論の論点が違っていた。下平弁護士ともあろう者が、反論の趣旨を間違えたのである。
 間違いその1
平成7年に阿智村が本谷園原財産区から購入したとする売買契約書を証拠としたことは、平成7年から阿智村の土地だと言うことだ。なのに、「20年以上時効取得している」との反論は、まったくに証拠と相反することだ。買っているのであれば、時効取得とは言わない。ここで、この契約書は証拠とならなくなったのである。令和6年2月15日

 間違いその2
ここで証拠にならなくなったこの契約書は、刑事訴訟法における犯罪証拠となった。仮に平成7年に作成された契約書であったにしても、この裁判の証拠として争ったことで、ここで偽造契約書だと認めたことになったからだ。そう、時効はこの裁判から始まって三年以内となったのである。ここで言うところの犯罪は何かと言えば、契約書を偽造して澁谷ゆきゑの土地を買ったことではない。澁谷ゆきゑの土地を買ったとして、ヘブンスそのはらから阿智村が賃貸借料を平成12年からだまし取ってきたことである。そしてそれは今でも続いているからして時効ではなく現行犯と言うことだ。ここまで書けば誰でも分かることでしょう。でも、ここまで書かなくとも分からなければ普通の人と言えません。そう、西の谷の人たちは、ここまで書いても分からないほどのおバカなのです。まあ、おバカと言うより泥棒かな。泥棒だからして隠ぺいしてきたのでしょう。
 阿智村が地代をもらっている?
澁谷ゆきゑの土地を買って阿智村を訴えたのは、この事実を証明するためでありました。確かに経過上においては計画性を持っておりましたし、この犯罪一つで阿智村をつぶすことも出来ることです。何を大げさなとおっしゃられるかもしれませんが、けして大げさでないことに、この裁判は100%私が勝ちます。そう、阿智村が負けるのです。熊谷秀樹村長が負けるのではありませんよ! そのくらいのことは分かりますよね? 地方公共団体が負けるのです。法治国家でありえないことでしょう。法治のもとになる地方行政団体が負けるのですから。だれが責任を取るのでしょうか? 熊谷秀樹を罷免したとしても解決できることではありません。この責任を取るのは、村民、あなたであります。国は阿智村という地方公共団体の運営を村民に任せているのです。その村民が犯罪を犯したのですから、村民が責任取るは当たり前でしょう。ここは法律でなく憲法なのです。
この様な恐ろしいことにならないようにと、私は30年も戦い続けてきました。しかし、村民誰一人気づくことなく、常に私を誹謗中傷の的にして、共産党の政治を擁護しておりました。こんな村なら潰されて当たり前のことだと、国民は、今度は阿智村民を誹謗中傷するのではありませんか。潰されるとはどういうことか分かりますか? 今現在の阿智村財政の借金数十億円を村民皆さんが国に返済するのですよ。村民一人当たり、200万でも収まらないでしょうね。さあ、どうしましょう。このまま他人事で放置しますか? それとも、私を信じて最後の戦いに進みますか? それを選択するのも村民ですが、今私にできることは、この犯罪を明らかにすることなのです。どのように明らかにするのか、それは「ヘブンスの地代を阿智村が受け取ってきた」ことを証明することです。令和6年2月17日

 裁判官の判断
判決は簡単なことで、「20年分の地代を原告に支払え」です。それは「20年分の地代を支払え」と訴えているからです。地代の請求ならばヘブンスそのはら、いわゆるジェイマウンテンズセントラル株式会社にすべきではないか!?と、どなたも思われるでしょうが、請求先は阿智村だと裁判官は判断していますので、私が勝つのです。どうして阿智村なのかって? 阿智村がアーテリー道路をヘブンスに貸しているからです。この話、分かりませんかね? 確かに分かり辛いですよね。でも、平成12年に「両区の山林地代に税金が掛かる」との理由で、阿智村にそれら地代の全額(380万円)を入金させ、本谷園原財産区に地域振興補助金(270万円)を迂回していることは事実でありますので、そこを起点として考えていただければ、しっかりと分かることです。この迂回の目的は、ヘブンスそのはらから阿智村への入金ルートを確保する目的でつくられました。たしかにここでも100万円以上が消えていますので横領が目的でしょうが、しかし、横領はこれだけではありません。それは、アーテリー道路とされた土地の地代も横領されていたのです。? そんなことが出来るわけがないじゃないかと思われる方、行政が出来ることではないとの当たり前の考えの方、そんな常識が通用しないのが共産党の世界です。人の物は俺の物、みんなのものと言いながら上の者が手中に収める。そしてそれが実行されたのが岡庭一雄村長なのであります。
 アーテリー道路が村道とされた
平成12年に、阿智村岡庭一雄村長と阿智総合開発株式会社で賃貸借契約が行われている。(この契約書は熊谷村長から入手(行政書類取扱規定違反))それは両区山林地代の横領の証拠だが、これとは別に、阿智総合開発株式会社が解散され、吉川建設に経営が引き継がれた当時、アーテリー道路にかかる土地の換地が行われるとされた。そして吉川建設に対して「契約金(保証金)2000万円のうち、400万円を換地費用として地権者組合に差し入れろ」とした契約が交わされている。この契約書も熊谷秀樹村長からもらった物だ。令和6年2月19日

 詐欺犯罪
この時に用意されたと言う400万円は、昨年12月に行われた地権者組合の会議において、渋谷章行組合長・熊谷正樹会計(飯田信用金庫勤務)・佐々木康司書記(月川旅館の代表として村から6千万円ののれん代を受け取った本人)らから、「換地は間違いだったので申し訳なかった」として、吉川建設の定期預金通帳(額面400万円)が示された。換地が間違いならば、アーテリー道路はなぜ村道にされたのか、そして今から五年前に、アーテリー道路にかかる地主たちは、すべて阿智村に名義を移している。ここを順追って説明するは面倒であるから省くが、問題の焦点は、「吉川建設は阿智総合開発株式会社の保証金2千万円をそのまま保証金とした」であり、そのうちの「400万円を地権者組合に差し入れた」であって、その差し入れた理由は「換地費用としての400万円」であったということだ。そして換地など無いことで、換地と称してアーテリー道路にかかる地主たちにその400万円を分配したこととされていた。だが、5年前に私が白澤祐次に偽造契約書を見せつけ説明を求めたと同時に、「換地ってなんですか?」「400万円は換地費用ですか?」と聞けば、「換地費用ではない」と、ぼそぼそした声で呟いていた。その様な状況においてなぜここに来て「換地は間違いだった」「吉川建設からの差し入れ400万円は残っています」と言ったのか。それは、私が買った澁谷ゆきゑの土地三筆の裁判状況にあることだ。完璧に私が勝つと、被告下平秀弘弁護士は熊谷秀樹に伝えたことで、熊谷秀樹が渋谷章行に手を打ったのだ。アーテリー道路になっている私の土地を明け渡せが私の訴えであるに、換地が行われていれば私の土地ではない。それだけのことだが、それが何を示すのか、もはや言わずもがなである。さて、話はそこで終わらないことに、なぜ今になって言い出したのかには、もう一つ大きな理由がある。それは「契約期間満了」の事実なのだ。昨年汚12月にヘブンスと地権者組合の契約は終了している。分かりやすく言えば、ヘブンスそのはらと阿智村との契約も終了していることになる。それが例え偽造契約であったにしてもだ。それを隠して組合長の交代だけで進める渋谷章行組合長に、「契約は今月の31日で終わりですよ。再契約の話をしなければダメでしょう」と追及したことに、渋谷章行組合長は、あわてて岡庭一雄村長とヘブンスそのはらの契約書を見せた。阿智村とヘブンスの契約書が有るのはおかしいじゃないかと言えば、これもまた「お墓に行って聞けよ」が、渋谷章行組合長の言葉であった。令和6年2月21日

 消えていた保証金
(余談、渋谷章行と熊谷信夫、そして私の伯父である熊谷正巳は同級生であり、三馬鹿トリオで有名であった。)
渋谷章行は時雄や操の子分であって、岡庭一雄と西の三悪人が横領した金の分け前をもらっている。だからして絶対に、ここを乗り切れなければ終わりだと考えていたようだ。だが頭が悪い。泥棒ならもう少し用心するものだが、岡庭一雄や熊谷秀樹が後ろについているからとして、安心していたようだ。バカめ、保証金2千万円のうち400万円を吉川建設からだまし取ったのは地権者組合なのだが、残り1600万円をだまし取ったと言うことを忘れるな。誰がだまし取ったのか、それは吉川光圀会長が説明することだ。

6 Blog

6 Blog

飯田市と阿智村の行政犯罪の事実を発信しているサイトです。有料コーナーにつきましては、特定機関及び、不良者の閲覧を防止するためであり、個人情報の保護のために設定いたしました。閲覧料はひと月100円です。安心してご利用ください。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

6 Blog

6 Blog

飯田市と阿智村の行政犯罪の事実を発信しているサイトです。安心してご利用ください。

最近の記事

  1. 阿智村の行政犯罪と日本一の星空 岡庭一雄元村長と熊谷秀樹村長の両共産党員が阿智村を乗っ取った!

  2. 阿智村議会議員選挙 選挙違反は共産党!選挙違反は逮捕!

  3. 飯田市の行政犯罪 PART1 リニア中央新幹線 佐藤市長と代田教育長の不審な関係

新着 オススメ 特集記事
  1. 阿智村の行政犯罪と日本一の星空 岡庭一雄元村長と熊谷秀樹村長の両共産党員が阿智村を乗っ取った!

  2. 阿智村議会議員選挙 選挙違反は共産党!選挙違反は逮捕!

  3. 飯田市の行政犯罪 PART1 リニア中央新幹線 佐藤市長と代田教育長の不審な関係

  1. 阿智村の行政犯罪と日本一の星空 岡庭一雄元村長と熊谷秀樹村長の両共産党員が阿智村を乗っ取った!

  2. 阿智村議会議員選挙 選挙違反は共産党!選挙違反は逮捕!

  3. 飯田市の行政犯罪 PART1 リニア中央新幹線 佐藤市長と代田教育長の不審な関係

  1. 阿智村の行政犯罪と日本一の星空 岡庭一雄元村長と熊谷秀樹村長の両共産党員が阿智村を乗っ取った!

  2. 阿智村議会議員選挙 選挙違反は共産党!選挙違反は逮捕!

  3. 飯田市の行政犯罪 PART1 リニア中央新幹線 佐藤市長と代田教育長の不審な関係

TOP